よく耳にする間違っている言葉遣い

昨日1月26日のビジネスマナー講座では敬語についてご紹介いたしました。

「お名前を頂戴してもよろしいですか」

「千円からでよろしかったですか」

こちらは、日常の中でよく耳にする間違った敬語です。

 

発する言葉は、自分自身を表す道具の一つでもあります。

 

どのような言葉を使うのか、どのような話し方をするのかによって相手が受け取る印象が変わってきます。

 

社会人として、お客様や上司、仲間からの信頼を得る為には敬語は必要不可欠です。

 

正確さももちろん大切ですが、

誰に対しても最上級の敬語を使わなければいけないということではありません。

職種によって、相手によっても(お年寄りなのか、ビジネスマンなのか、お子様なのか)、敬語を使い分ける必要もあります。

人とのコミュニケーションを上手にとる為には、”わかりやすさ”も重要です。

 

色々な方との出会いを大切に、その方との会話を楽しめるよう敬語を上手に使い分け、好感のもてる言葉遣いを目指しましょう!

 

また、言いにくい言葉を柔らかくして相手に伝えるコツもお伝えしております♪